月別アーカイブ: 10月 2013

口ヒゲだけは気をつけないと

とても恥ずかしい思いをしたことがあります。ある日、隣にいた旦那が、クスクスと笑い始めたのです。そして、ねぇ、ウサギになっているよというのです。私は最初、ウサギの意味が分からなくて、えっ?と言っていました。 すると旦那は、鼻の下に、ヒゲが生えているよというのです。私は車の中にいたのですが、急いで、車についている鏡を見てみました。 すると言われたとおり、規則正しくうっすらとヒゲが生えていたのです。それを見たときの自分は恥ずかしくて、仕方がありませんでした。化粧は毎日念入りにし、リップの色もこだわって、自分はまあまあ、完璧だと思っていたのに、そんな自分が可笑しくて、情けないやら、恥ずかしいやら。 家に帰りすぐに、毛の処理をしました。それからは、ウサギにならないように気を付けています。毛を抜くと、その後生えてくる毛は濃くなるといわれていますが、私は気にしません。濃いのが生えてくるのなら、また抜けばいいだけです。 だから口ひげは全部、痛いですが抜いています。自分のウサギが気になってからは、近くで女の人が話していると、ついつい、ウサギになっていないかチェックするようになりました。そして気づいたことは、かなり世の中にはウサギがいるという事です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

動物は許されるのに!

毛のことであせった経験、あります。ムダ毛の処理を、かみそりでやっている人は、経験したことがあることだと思います。それは、ズバリ、剃り残しです。脇の毛も、脚や腕も、どこでもそれは起こり得ります。カミソリはT字を使われる人が多いと思います。私もT字愛用していますが、T字だと、まっすぐにしか剃れないので、それに対して体は丸くできているので、剃り残しが出てくるのです。剃り残さないためには、かみそりをうまくカーブさせて剃らなければなりません。うまくカーブさせて剃ったつもりでも、出かけて、ふと自分の足をみたときに、前からは見えにくい部分がそっくりそのまま毛が生えていたりして、愕然とする瞬間があります。あわててコンビニでカミソリを買って、トイレでこっそり剃ったこともあります。お風呂で剃った時はあんなに気を付けていたはずなのに、とふがいない気持ちで、せまいトイレで四苦八苦する経験は、もうしたくありません。でも、永久脱毛するのもなんだか体に悪そうで怖いし、やっぱりカミソリのお世話になっています。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

女子会の温泉で・・・

毛深い方ではないのでうっかり忘れたとしか言いようがありません。女子大生の頃、数ヶ月に一度温泉旅行をしていました。メンバーは6人。幹事は持ち回りで自分の番になると気合いを入れて企画したものです。女子だけですから気楽な会です。今でいう「女子会」という名がふさわしいでしょう。逆に言うと男性の目がない分、ずいぶん隙だらけでした。その代表がむだ毛。外見は気にしながらもなぜかむだ毛だけは自由な友人がいました。彼女の脇の下の毛を見るたびに、これではいけないぞと思うことが多々ありました。もちろん、アドバイスしましたよ。でもいいそうで・・・彼女にとってかなりリラックスの象徴だったのでは?そしてある日のバイトやらテストやらでばたばたした女子会旅行で・・・温泉に浸かりながら「あっ!」と声を上げてしまいました。脇の下の処理をしないまま旅行に来てしまったのです。その瞬間まで気付かないのですから、人間、気がそれると恐ろしいことになります。一泊でしたのでなんとかみんなにばれることなく乗り切りましたが、そう思っているのは私だけだったのではと時々身震いします。気付いた人、いるかもしれません。みんな優しいから、一回だけは見逃してくれたのかな、と。それ以来神経をつかうようになり、お金を稼ぐようになってから脱毛エステで永久に生えないよう処置しました。あの瞬間の気持ちを思うとキュンと胸が痛くなります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

指毛がフサフサしているのが、本当に恥ずかしかった

結婚して6年。せっかく作った結婚指輪があるのに、金属アレルギーでずっとつけているとどうしてもかゆくて気がつけばほとんど付けることがなくなっていました。 ですが最近は新しく出会う方や仕事の席で付けていたほうがいいのかな…と思うようなことが何度かあったので、仕事の時だけでも付けよう!!と思い久々にはめてみたら…あれ…ぜんぜん入らない…。 金属アレルギー対応の指輪を買って付けてはみましたが、なんだかしっくりこなくて、気に入ったデザインで作ってもらった結婚指輪を直そう!と決め、オーダーしたお店へ行きました。 そこはデパートの宝飾店や化粧品が並ぶフロア。普段デパートに足を踏み入れることもなく、しかも宝飾品も買うこともないので、なんだかちょっとドキドキ。しかもフロアのお姉さんたちはみんなお化粧もきれい・・・!銀座カラー脱毛ラボあたりで毛の処理しとくんだったと超後悔 指輪のサイズを直してほしいことを伝え、サイズを測ってもらおうと手を差し出したとき…ゆ…指毛が…!腕の毛や足の毛は気にして処理していたけれど、指毛ってこんな明るいところで見るとふっさふさしてるのねーーー><…!!お姉さんの指が華奢でキレイだったので、カサついた手とさらに指毛で本当に恥ずかしかったです…。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

見せないし、見えないところだけど気になります

ちゃんと済ませたつもりでいましたが、処理のしかたが甘くて少し残っていたことがあります。それは、わきの部分だったのですが、気になってしかたありませんでした。夏場でもノースリーブの服を着ませんから、見えません。でも、処理に失敗したということが頭にありますから、ずっと気になってしまいます。 着替えをしているときにも気になってしまい、自宅で着替えていて誰も見ていないというのにわきをしめて着替えをしました。外に出てからも、腕を上げる場面になる度にドキドキしていました。電車内でも吊革や、座席横のポールを持っているときにも気になりますし、座席に座っている人から見えたりはしないだろうかと気が気ではありませんでした。 わきだから隠せていますし、見せないし、見えないところだけどすごく気になりました。何かの隙に見えてしまわないか、見えてしまったらどうしようといった風に考えだせば、きりがありませんでした。体でも小さな場所でしかなく、わきにほんの少しだけ残ってしまった処理の甘い部分です。それなのに気になって、気になって仕方なく、何をするにも大変な一日になりました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ストッキングの目からチョロっと毛が出ていた

高校1年生の時に初めて、足のムダ毛を剃りました。それは、秋の大会に向けて剣道部での部活最中にアキレス腱を切ってしまい、手術をしたときに、剃毛されたことから始まりました。片方だけの剃毛だったのですが、片方ではかなり毛深い足だったので、目立ってしまい、格好悪いのです。それから、剃るようになってしまったのですが、よくある失敗が、ふくらはぎのうしろ側の1部分だけ残ったムダ毛。太っているせいもあり、あまり柔軟ではないことと、目も悪いので、お風呂で主に剃るのですが、そのとき、肌への手触りで剃れたかどうかを確認します。ところが、疲れているときなのに、ムダ毛が気になると、あまり確認しないで剃って、ハイ、終わり~なんて感じにしてしまうと、次の日にストッキングの目から、中途半端な長さになったムダ毛がチョロチョロと出ていることが多々あります。あと、周りは剃ってあるのに、足首から膝にかけて1列にきれいに剃り残しているときもあって、慌てて剃ったりすることも。ふくらはぎのうしろ側はちゃんと見えないだけに気をつけたい箇所だったりします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

大切なシーンなのに。恥ずかしがったムダ毛体験

当方、二十代女性。父親譲りの毛深さで、小学生の頃からすでに足だけ見れば成人男性かと思うほど豊かなムダ毛を所持しています。年頃になりミニスカートなどを履くようになってからムダ毛処理を始めましたが、一日でも剃り忘れるともうボーボー。私は肌が白い上、剛毛で黒々としているのですごく目立ちます。雑草のような生命力です。ちなみに除毛クリームは手間がかかる割にすぐ生えてきてしまうので使っていません。剃刀オンリーです。 そんな私も結婚を迎え、式場のサロンでムダ毛の処理をやってもらうことに。せっかくの晴れ舞台をムダ毛に邪魔されたくはありません。サロンに行く前日の夜は、どうせ明日きれいにしてもらうからいいやと、いつもより処理を甘めに行いました。しかしこれは大きなミス。翌日サロンに到着し、まずは足湯をしながらマッサージをしてくれるとのことで、ガウンに着替えました。着替え終わって担当者を待っている時に私ははっとしました。「そうだ、ウェディングドレスは足が隠れるんだから足まで剃る必要ないじゃん…!」甘めに処理した足のムダ毛はすでに伸びて草原状態。どう足掻いても隠しようなどありません。 やがて足湯のマシンを抱えてやってきた担当者は、嫌な顔ひとつせず私のジョリジョリ足を優しく揉みほぐしてくれました。開き直った私は、「私本当に毛深くて大変なんですよ~」と語りわ和気藹々とした雰囲気の中で事を済ませました。よりによってこんな素敵なシチュエーションで、心情としてはかつてないほど恥ずかしがったです。おかげさまで足はボーボーのまま、顔やデコルテ、背中や腕などのムダ毛はきれいに処理され白い肌を引き立たせることができました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

旦那に剃り残しの毛を見られました

私は目が悪いので、お風呂に入っているときにカミソリでムダ毛処理をしていると何カ所か剃り残しがあるそうです。私も剃り残しがないように、気を付けながら丁寧に剃っているつもりなのですが、剃り残しって自分じゃなかなか気付かないものですよね。 私はよく旦那に剃り残しの毛を指摘されます。結婚する前は、全くそのようなことは言わなかったのに、結婚をして何年か経ったら、急に剃り残しの毛を見つけては指摘をされるようになりました。私は最初旦那に剃り残しの毛を指摘されるのが恥ずかしかったのですが、今ではあまり気にしなくなりました。 足や腕の剃り残しの毛を指摘されるのはまだいいですが、鼻毛が出ていることを旦那に言われると、とても恥ずかしい思いをします。いくら夫婦だからといっても、鼻毛出てるよと言われたら恥ずかしくなりますよね。 ムダ毛処理をきれいにやるのは、女性としてエチケットかもしれないですが、剃り残しがないようにきれいにムダ毛処理するのって結構難しいんですよね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

もじゃもじゃの足を綺麗に脱毛処理するには?

付き合って始めてのデートで海に行きました。剛毛な私は、夜にすると朝には生えてきます。ですから、きちんと朝にすね毛の処理をしたのですが、急いでいたせいもあって、片足しを剃り忘れてしまったことがありました。半分は綺麗な足で、もう半分はもじゃもじゃの足。気がついたのは着替えの時だったので、このままでようか、引き返そうか真剣に悩みました。コンビニにいってカミソリを買おうかな、とも思ったのですが、どこにコンビニがあるかもわからないのに彼氏を待たせるわけにもいきません。お腹が痛くなったから帰ろうかな、とも思ったのですが、それもできずに海にいきました。海水にさっさと浸かってごまかそうと。私も挙動不審な態度でダッシュ。彼氏に?と思われつつも、どうにか隠し切ることに成功。まあ、多分他の人にはばれていたかもしれません。脱毛未処理の片足を。 今思い出すだけでも恐ろしいことです。毛深いし剛毛だし。恥ずかしい限りです。その教訓を踏まえて、永久脱毛を試みました。今は安心ですが。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ