見せないし、見えないところだけど気になります

ちゃんと済ませたつもりでいましたが、処理のしかたが甘くて少し残っていたことがあります。それは、わきの部分だったのですが、気になってしかたありませんでした。夏場でもノースリーブの服を着ませんから、見えません。でも、処理に失敗したということが頭にありますから、ずっと気になってしまいます。
着替えをしているときにも気になってしまい、自宅で着替えていて誰も見ていないというのにわきをしめて着替えをしました。外に出てからも、腕を上げる場面になる度にドキドキしていました。電車内でも吊革や、座席横のポールを持っているときにも気になりますし、座席に座っている人から見えたりはしないだろうかと気が気ではありませんでした。
わきだから隠せていますし、見せないし、見えないところだけどすごく気になりました。何かの隙に見えてしまわないか、見えてしまったらどうしようといった風に考えだせば、きりがありませんでした。体でも小さな場所でしかなく、わきにほんの少しだけ残ってしまった処理の甘い部分です。それなのに気になって、気になって仕方なく、何をするにも大変な一日になりました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>